満足度が高めのおすすめオナホールランキング2023

当記事には広告が含まれます。

当記事では2023年満足度が高めのおすすめオナホールランキングを紹介している。オナホールと一口に言っても種類は沢山ある。オナホールが欲しいと思っても、どれを選べば良いかわかりにくい。そこで当サイトで今まで紹介してきたものの中からコスパが良く、注目度や満足度が高いオナホールをピックアップしてランキング形式にした。自分自身に合いそうだなというものがあれば詳細をチェックしてみてほしい。基本的な知識についても触れているので、「そんなこと知っているよ」という方は目次からランキングに飛べるようにしている。

オナホールとは?

オナホールは自慰行為の時に使用するジョークグッズだ。基本的に手コキをすることが多いかと思うが、手だけでは刺激にバリエーションが無い。ほとんどが上下に動かす摺動のみの動きとなるだろう。そこでオナホールを使用することにより、手だけでは感じることのない快感が押し寄せる。オナホールを使う事によって、いつもの自慰行為に張りが出るというわけだ。

ここで声を大にして言っておきたいのは、オナホールを使うことは何も恥ずかしいことではない。自分の時間を楽しんでいるだけで、他の人にどうこう言われることではないのだ。私からすると自分の人生の、自分の時間をより良くしようとする行為なので非常に有意義なことだと思っている。

もっと言うと性病リスクも無い。性病を患うとバットや体調にも不調をきたすことになる。多くは相手からの感染によるものだ。その点、オナホールの使用はあくまで個人的な楽しみになるので、性病にかかることはない。性欲発散にもなり、普段の生活にも張りが出る。

オナホールには色々な種類がある

オナホールというものは内部構造や素材の柔らかさで差別化されている。このあたりの好みというのは千差万別で、色々な組み合わせのものがあるからこそ迷いやすいのだ。ヒダが縦についているのか横についているのか、イボの大きさがどのくらいで何個ついているのか、そしてそれらの配置はどのようになっているのかなど。メーカーは日々、様々な形のものを開発している。

価格は安いものだと1,000円未満のものからある。一般的なTHE・オナホールのようなものだと2,000円~3,000円程度で手に入るものばかりだ。もちろんそれよりも高いオナホールも沢山存在するが、まずは比較的手を出しやすいものから試していって、物足りないと感じてから少し高めのホールに手を出すことを選択肢に加えよう。

オナホールの使い方

具体的にオナホールの使用方法を解説しよう。オナニーをするぞ!となったら用意するものは人それぞれだろうが、一般的にはティッシュだろう。オナホールを使用する場合はティッシュに加えて、ローションという滑りが良くなる粘液状のものが必要となる。

ローション選び

写真にあるオレンジキャップの入れ物に入っているのがローションだ。こちらは有名な「ぺぺ」ローションである。




オナホールを使用するにあたってはこのローションは必要不可欠である。何もつけずにオナホールに挿入しようとすると、入っていかない上に痛みを伴うのだ。これらを防ぐ為にローションを使用するという寸法である。

ローションにも沢山種類がある。上で紹介した「ぺぺ」は様々なシーンで使用されている。例えば風俗やローションを使用したパートナーとのプレイである。オナホールの使用の際に適しているかと言われると首を傾げてしまう。粘度が高いので粘り強いが少し乾きやすいのと、粘膜に直接使用するとヒリヒリしてくる場合があるからだ。

一般的なローションはポリアクリル酸ナトリウムという成分が含まれることが多い。これは比較的安価なローションに採用されている成分であり、正直なところ肌にはあまり良くない成分だ。敏感な場所に使用するというより身体に塗りたくるプレイ向きなローションということになる。

オナホール専用ローションというものもある。それがこちら。

トイズハート製の「おなつゆ」である。ちなみにこれもポリアクリル酸ナトリウムだが、このローションはサラサラしていて粘度もそこまで高くない。そして亀頭部もあまりヒリヒリしないので割と使いやすいローションだ。こういったオナホール専用のローションを使うことが望ましい。

他にも沢山種類があるので、管理人が実際に使用して良かったものなどをレビューしていく予定だ。

オナホールの基本的な使い方

では、オナホールの使い方を簡単に説明する。そこまで難しいことでは無いので気楽に構えよう。

①オナホールを洗う
初めて使う時も、何回も使っている時も、前回洗浄しても使用前に軽く水洗いをしよう。雑菌が繁殖していたりすると、亀頭部はデリケートなのでそこから雑菌が侵入しかねない。

②オナホールにローションを注入する
目安として10ml程入れれば十分だ。



③ローションをオナホールになじませる
この工程は簡単に揉むくらいで良い。揉み込みながら、ついでに挿入口くらいまでローションを持っていき軽く濡らしてあげる。



④挿入時にローションで亀頭を濡らす
こうすることによってスムーズに挿入できるようになる。



⑤内部の空気を抜く(バキュームを利かせる)
オナホール内部を真空に近いような状態にする。オナホールの半分くらいの位置までバットを挿入し、挿入しきっていない部分の空気を握りながら抜くのだ。オナホールによっては隙間が大きかったりしてバキュームが利かないものもあるので、そのホールでのバキュームは諦めるしかない。ちなみにバキュームをかけると挿入もしやすくなり、バットが吸い込まれるような新たな刺激に出会える。



⑥あとは欲望の赴くままに波動砲を発射する
ここまでくるといつも通り自慰行為に没頭しよう。いつもと違う快感のもと、フィニッシュできる。

オナホールの種類【柔らかさ編】

使い方がわかったところで次はオナホールの柔らかさとタイプの種類についてだ。当記事では簡単に触れているので、詳細の記事を書いた際は随時リンクを貼っていく。ではまずは柔らかさから解説していく。

オナホールは基本的にはエラストマーというゴムのような素材で出来ている。この素材にオイルや様々なものを混ぜ込んで、数種類の柔らかさを表現しているのだ。こちらの項目では大まかに3つに分けて説明する。それに付随して特殊な二層構造についても解説している。

ソフト

写真はソフトのオナホールである「ふわゆるクワトロネード」だ。ソフトは文字通り柔らかく、内部構造のヒダやイボを感じにくいおかげで長くまったり楽しめるオナホールとなっている。バットを挿入すると素材が柔らかいのでギミックが潰れやすいのだ。しかしこれはデメリットではなくむしろ仕様となっていて、ストローク時に潰れたヒダやイボが微かに引っかかってくる。この絶妙に優しい刺激がクセになるのだ。

現在販売されているソフトオナホールは、肉厚に作られているものが多い。まったり刺激に肉感という組み合わせが最高に気持ち良く、まったり時間をかけてフィニッシュした時の腰が抜けそうになる感覚は中毒性がある。

スタンダード

写真はスタンダードのオナホールである「ヴァージンループ」だ。スタンダードは素材自体は柔らかいがソフトよりは硬く、弾力が加わる。適度な柔らかさと形成を保とうとする弾力のおかげで、挿入時にバットに内部構造を感じやすくしてくれる。ヒダならゾリゾリくるな、イボならゴリゴリくるな、といった具合に内部構造を堪能できる程よい柔らかさとなっている。

後述するハード程ではないが、幾分か刺激に特化したオナホールも存在する。ソフトとハードの中間な柔らかさになるので、柔らかさという面の気持ち良さを担保しつつ、メーカーの開発部門の汗と涙の内部構造をしっかりと伝えてくれる、言わばいいとこどりのオナホールがスタンダードなのだ。

ハード

写真はハードのオナホールである「くノ一淫法触手裏剣ブラックハード」だ。ハードはなんといっても高刺激が売りだ。生半可な立ち具合では門前払いをくらうので、しっかりフル立ちさせてから挑むことになるだろう。内部構造の全てをデリケートな亀頭やカリにぶつけられるという洗礼を受けきったものだけが、その向こう側(フィニッシュ)へと到達できるのだ。絶頂が遅い方、そして亀頭部への刺激に強い方にはこういったハードなオナホールが適するだろう。

余談だが、管理人は羊のような息子なので、ハードなゴリゴリ刺激はあまり好みではないが、初めてハードオナホールを使用した際は意識が飛びかけた。洗礼はなんとか乗り切り発射に成功はしたものの、いつもよりも悟りを開く時間が続いたものだ。

二重構造

写真は二重構造のオナホールである「MADBORDER(マッドボーダー)」だ。二重構造というのは基本的には硬度差のある素材が使用されたものだ。マッドボーダーの場合は前後で硬度差がある素材が接着している。挿入口側がソフトで、中間からスタンダードに変化している。


この写真は「包福Z」というオナホールだが、このオナホールは外側と後半にハード素材、内側の前半部分にソフト素材が使用されている。外側と内側で硬度差がありすぎると、内側のソフトの良さが少し消えてしまうが膣圧を表現しているだけあって締め付け感はなかなかのものがある。これはこれで別次元の気持ち良さがあるのだ。

オナホールの種類【タイプ編】

※ちなみに左から、テンガ・オリジナルバキュームカップ(簡易式のカップ型)、HON-MONO(非貫通式)、だぶりゅーにこにこいもうと(貫通式)である。

オナホールには様々なタイプがある。その中でも今回は貫通式、非貫通式、簡易式(その中でもカップ型)を解説していく。用途に合わせてタイプを選択していくと良い。基本的には言葉通りになっているものも多い。

貫通式

写真は貫通式のオナホールである「だぶりゅーにこにこいもうと」だ。貫通式のオナホールは比較的安価なものが多い。オナホールの内部が貫通していて、サイズが小さなものだと奥まで挿入した時に亀頭が姿を現す。現在の主流は非貫通式なので、この貫通式のオナホールの絶対数は減少している。


貫通式オナホールのメリット

・メンテナンスが非常に楽

・手軽に使用できる

まずはメリットだが、メンテナンスが非常に楽だ。これは貫通式オナホールの最大の恩恵である。裏返しが容易ということもあるが、貫通しているので裏返さずとも洗いやすく、通気性も良いので乾燥もしやすい。そのメンテナンス性の良さから手軽に使用できる。内部構造が複雑なオナホールは、洗浄やメンテナンス時に手間を感じる場面がある。貫通式の場合はそれがほとんどない。例外として少し長いものもあるが、それでも洗いやすさは変わらない。


貫通式オナホールのデメリット

・内部構造が単純なものが多い

・ローションが漏れやすく、バキュームがほとんどかけれない

そしてデメリットだが、サイズがコンパクトなものが多い貫通式は比較的内部構造が単純なものが多い傾向にある。面積的な問題でそうなるだけであり、長尺ものの貫通式には当てはまらない。

もうひとつはローションが漏れやすく、バキュームがほとんどかけれないというもの。これも貫通式だからこそのデメリットだ。長い貫通式であればローションも漏れにくく、バキュームもかけれる。ただ、バキュームをかける場合は一方を塞がないといけないのでプレイに集中しにくくなる。

非貫通式

写真は非貫通式のオナホールである「HON-MONO」だ。現在主流のタイプとなっていて、種類が豊富に用意されている。全長は大体が10cm以上となっていて、面積がある分内部構造にもこだわりを出しやすい。差別化もしやすいので、各メーカーがしのぎを削ったタイプだということがわかる。


非貫通式のメリット

・内部構造が凝ったものが多い

・デザインや種類も非常に豊富

・中出し疑似体験ができる

・バキュームがかけれる

まずはメリットから解説していく。構造上、全長と内部長が長めのものが多くなるので内部構造が作り込まれていることが多い(もちろん単純なものもあるが)。デザインや種類も非常に豊富で、それに加えて素材や肉厚具合によって差別化がされている。選択肢は多いに越したことはないのでじっくり選ぶことができる。多すぎるので迷う機会も増えるが。

あとは中出しの疑似体験だ。疑似体験なので実際とはもちろん違うが、何の気を遣うことも無く怒られることも無く発射できる。あとで掃除するのも自分自身。全て自分自身で片付けることができる。一瞬、道徳的に大丈夫か不安を覚えた。

そしてこちらも非貫通式ならでは。バキュームがかけれるというメリットだ。バキュームをかけることにより、吸い込まれるような感覚に加え内部構造が特に亀頭に伝わりやすくなる。オナホールをしっかりと楽しむためのテクニックだと言える。非貫通式でもバキュームがかかりにくい、内部の隙間が狭いオナホールもあるのでそういった場合はバキュームを諦めよう。


非貫通式のデメリット

・メンテナンスが面倒

・絶対数が多いのでハズレの確率も相対的に上がる

そしてデメリットであるが、メンテナンスが面倒な場面が多い。二重構造のオナホールやそもそも裏返しが非推奨なオナホールが多いので、洗浄時に面倒くささを感じやすい

そして主流なだけあって絶対数が多いのでハズレに当たることもある。そういうものだと割り切れることができれば良いが、特に初めてのオナホールの場合はそうはいかない。この記事のランキングを参考にして、ハズレを引く可能性をできるだけ低くしてほしい。

簡易式(カップ型)

写真は簡易式(カップ型)のオナホールである「テンガ・オリジナルバキュームカップ」だ。言わずと知れた超有名メーカー、TENGAから発売されているこのオナホールはカップ型の中ではぶっちぎりに売れている。かくいう管理人もオナホールデビューはこのオナホールである。簡易式というのはシート状のものやテンガ・エッグなどのごく小さなものも指す。このようなカップ型も簡易式に分類している。今回この項目ではカップ型にフォーカスして話を進めていく。


簡易式(カップ型)のメリット

・メンテナンスフリーで手軽に使用できる

・第一印象はオナホールと判断しにくい

まずはメリットから解説していこう。カップ型は基本的に使い捨てになる。なのでメンテナンスする手間が省けるのだ。家庭ごみなどを処分する業者のことを考えて洗浄はすべきだが、その後の保管などのことは一切考えず、分別して処分できる。気持ち的にも手軽に使用できる点はカップ型のメリットである。

カップ型オナホールはパッケージをしたままだと、パッと見ただけでは判断しにくい。本棚などにしれっと置いておいてもバレにくいという利点がある。ただ、テンガに関しては話が変わる。女性でもテンガの存在を認知している方もいるので過信は厳禁だ。


簡易式(カップ型)のデメリット

・コスパが悪い

・自治体によっては毎回捨てるのが面倒

そしてデメリットであるが、使い捨てということもありコスパが悪い。ひとつあたりの価格は1,000円を下回ることがほとんどだが、それでも1オナニーの度に1,000円近く飛ばすとなると考えものだ。

あとひとつは自治体によっては毎回捨てるのが面倒ということだ。管理人の地域は処分する際に分別が必要なので毎回洗ってバラバラにして処分する。正直面倒くさい。なので常用するというよりもサクッと使うというイメージだ。

おすすめオナホールランキング2023

1位:バブ密着BIG(トイズハート)

メーカートイズハート
製品名バブ密着BIG
価格2,750円前後
取扱店(広告)
※リンクをクリックするとショップに飛びます
FANZAで見てみる
レビュー詳細を見てみる
タイプ非貫通式
柔らかさソフト
コスパ  3.5
おすすめレベル  5.0

【コメント】
バブ密着BIGはトイズハート製のオナホールだ。同じくトイズハートより発売されている「バブ密着」のサイズアップ版である。このオナホールはただサイズを大きくしただけではなく、内部構造や素材にも変更を加えられている。

素材は「ばーじんスキン」から「ソフトマテリアル」に変更されていて手触りが良くて柔らかく、油分や匂いが少ない素材となっている。

内部構造は通常版では前半と後半に大きめのイボ突起がひとつずつあったが、このBIG版の前半には大きめのイボ突起がひとつずつ上下に配置されている。しかし後半には4方向からイボ突起が伸びている。これにより更に密着感が増している。イボ突起は刺激のアクセントにもなるので満足度の高い射精が期待できるだろう。

但し「バブ密着BIG」は販路が限られていることには注意が必要だ。

2位:ふわぬき性柔めがねっ娘ナース(RIDE JAPAN)

メーカーRIDE JAPAN
製品名ふわぬき性柔めがねっ娘ナース
価格2,500円前後
取扱店(広告)
※リンクをクリックするとショップに飛びます
FANZAで見てみる
NLSで見てみる
大人のおもちゃ通販大魔王で見てみる
M-ZAKKAで見てみる
信長トイズで見てみる
ホットパワーズで見てみる
Amazonで見てみる
レビュー詳細を見てみる
タイプ非貫通式
柔らかさ二重構造(外:スタンダード 内:ソフト)
コスパ  4.5
おすすめレベル  4.5

【コメント】
ふわぬき性柔めがねっ娘ナースはRIDE JAPAN製のオナホールだ。二重構造タイプのオナホールとなっている。外側にはスタンダードな素材、内側にはソフトな素材と硬度差が大きくない組み合わせ。素材の硬度差が大きいとバランスが悪くなりがちだ。もちろんバランスを損なっていないものもあるので一概には言えない。

例に挙げると外側がハードで内側がソフトの場合、硬度差が大きい。内側のソフトの良さが外側のハードにより締め付け力が上がりすぎるなどして活かしきれなくなる場合がある。

このオナホールは内側にふわトロ系素材であるソフティタッチを使用し、バンジータッチという柔らかく弾力がある素材でカバーしている。締め付け力が強すぎず良いバランスで、内部のぼてヒダを堪能できる。ソフティタッチではあるがまったりすぎないという絶妙な塩梅で快感度が非常に高いオナホールとなっているのだ。

3位:お兄ちゃん大好きな妹の極上ロ●名器(タマトイズ)

メーカータマトイズ
製品名お兄ちゃん大好きな妹の極上ロ●名器
価格3,400円前後
取扱店(広告)
※リンクをクリックするとショップに飛びます
FANZAで見てみる
NLSで見てみる
大人のおもちゃ通販大魔王で見てみる
M-ZAKKAで見てみる
信長トイズで見てみる
ホットパワーズで見てみる
Amazonで見てみる
レビュー詳細を見てみる
タイプ非貫通式
柔らかさスタンダード
コスパ  4.0
おすすめレベル  4.5

【コメント】
「お兄ちゃん大好きな妹の極上ロ●名器」はタマトイズ製のオナホールだ。二重構造というわけではないが、内部の上部と下部で若干の硬度差を設けており、刺激に変化をもたらしている。刺激はやや強めといった程度だが、まったりプレイには向いていない。

内部構造には山なりのヒダをと有機ヒダというシンプルなギミックにもかかわらず、ストローク中に刺激の隙が無い。ヒダのアクセントが利いているので気持ち良くしっかりと射精できるだろう。このオナホールは主に亀頭責めに長けた構造をしているが裏すじもしっかりと責めてくれる。上部・下部・サイドにわたって休まる暇が無いくらいには刺激し続けてくれる。

4位:だぶりゅーにこにこいもうと(トイズハート)

メーカートイズハート
製品名だぶりゅーにこにこいもうと
価格720円前後
取扱店(広告)
※リンクをクリックするとショップに飛びます
FANZAで見てみる
NLSで見てみる
M-ZAKKAで見てみる
信長トイズで見てみる
Amazonで見てみる
レビュー詳細を見てみる
タイプ貫通式
柔らかさスタンダード
コスパ  4.0
おすすめレベル  2.5

【コメント】
トイズハート製で発売年は2019年。非常にコンパクトなオナホールで全長はなんと7.5cmだ。対を成す(?)オナホールとして「だぶりゅーやんちゃいもうと」があるが、公式ではこれと2個を繋げて使うことを推奨している。とは言え、単品でも意外と気持ち良くなれるところがさすがトイズハートだ。もちろんサイズ的にも物足りない感は出てしまう。手でのプレイに近く、内部のイボイボが気持ち良い。

コスパが特に良く、メンテナンスもしやすくて手軽に使えるという点ではかないり良いオナホールだと言える。「だぶりゅーやんちゃいもうと」と共に購入しておき、刺激に飽き飽きしてきたら公式が言う通りに合体させてしまうというおもしろい使い方も可能だ。

5位:アップサイドグランス(リグレジャパン)

メーカーリグレジャパン
製品名アップサイドグランス
価格3,100円前後
取扱店(広告)
※リンクをクリックするとショップに飛びます
FANZAで見てみる
NLSで見てみる
大人のおもちゃ通販大魔王で見てみる
M-ZAKKAで見てみる
信長トイズで見てみる
ホットパワーズで見てみる
Amazonで見てみる
レビュー詳細を見てみる
タイプ非貫通式
柔らかさスタンダード
コスパ  4.0
おすすめレベル  4.5

【コメント】
アップサイドグランスはリグレジャパン製のオナホールだ。内部構造は密着造形となっており、形状的には「バブ密着BIG」の後半部分が近い。このオナホールは隙間がほとんど無いと言っても良いほど肉感に満ち溢れており、内部構造をクリアに感じ取れるので刺激は少し強めだ。

ぼてヒダのような太めの縦ヒダがビッチリ詰め込まれており、三層に分かれている。二層目のみ角度が45度ズラされているので継ぎ目でのアクセントが冴えわたる。

どちらかと言えば高刺激系オナホールではあるが、長く入れていたいなと思わせてくれるほどの肉感があり、満足度も高いオナホールに仕上がっている。

6位:ヴァージンループ(RIDE JAPAN)

メーカーRIDE JAPAN
製品名ヴァージンループ
価格1,500円前後
取扱店(広告)
※リンクをクリックするとショップに飛びます
FANZAで見てみる
NLSで見てみる
大人のおもちゃ通販大魔王で見てみる
M-ZAKKAで見てみる
信長トイズで見てみる
ホットパワーズで見てみる
Amazonで見てみる
レビュー詳細を見てみる
タイプ非貫通式
柔らかさスタンダード
コスパ  5.0
おすすめレベル  5.0

【コメント】
ヴァージンループはRIDE JAPAN製のオナホールである。正直どのサイトでも高評価をたたき出してるのでうんざりするかもしれないが、実際使ってみるとこれは高い評価を出さざるを得ない。価格も比較的安く販売されていることもあり、オナホールとしての性能も非常に良いバランスだ。内部構造はシンプル寄りではあるが、スタンダードな柔らかさでヒダをしっかり感じることができる。

オナホーラーの登竜門というべきオナホールだ。ヴァージンループはハズレではないので、1つ目に購入するオナホールとしては最有力候補に入れて遜色ない。コスパも申し分なく、迷えるオナホールデビューの方に胸を張っておすすめできる。選択肢が多いオナホールで迷ったらまずはヴァージンループをチェックしておこう。

7位:だぶりゅーやんちゃいもうと(トイズハート)

メーカートイズハート
製品名だぶりゅーやんちゃいもうと
価格720円前後
取扱店(広告)
※リンクをクリックするとショップに飛びます
FANZAで見てみる
NLSで見てみる
M-ZAKKAで見てみる
信長トイズで見てみる
Amazonで見てみる
レビュー詳細を見てみる
タイプ貫通式
柔らかさスタンダード
コスパ  4.0
おすすめレベル  2.5

【コメント】

トイズハート製の貫通式オナホールである「だぶりゅーやんちゃいもうと」だが、こちらは「だぶりゅーにこにこいもうと」という同じく貫通式のオナホールと同じ時期に発売されたものである。

公式的には2個遣いを推奨しているが、単体でもそれなりに気持ち良い。もちろん長さ的には物足りなさもあるが、通常のオ〇ニーに花を添えてくれることは間違いない。手軽に使用できて、メンテナンスも楽かつコスパに優れているというのがこのオナホールの良いポイントである。

8位:ヴァンプッシュ(RIDE JAPAN)

メーカーRIDE JAPAN
製品名ヴァンプッシュ
価格3,400円前後
取扱店(広告)
※リンクをクリックするとショップに飛びます
NLSで買う
大人のおもちゃ通販大魔王で買う
M-ZAKKAで買う
信長トイズで買う
ホットパワーズで買う
Amazonで買う
レビュー詳細を見てみる
タイプ非貫通式
柔らかさ二重構造(外:ハード 内:ソフト)
コスパ  3.5
おすすめレベル  4.0

【コメント】

ヴァンプッシュはRIDE JAPAN製のオナホールだ。外側はハードタッチ、内側がソフティタッチとRIDE JAPANの中では硬度差が大きめの二重構造となっている。内部構造ではぼてヒダが採用されている。硬度差が大きめにあることから内側の柔らかさを感じにくい印象。締め付け力はそこそこあるのでバキュームをかけると、ゾリゾリ刺激をしっかりと感じることができる仕上がりとなっている。

個人的には二重構造というのはあまり硬度差を設けない方が良いと思っているが、中には硬度差がある方が良いという方もいるのだ。内側の柔らかさを感じにくいとは記載しているが全く無いわけではなく、なにより肉感がかなりあって快感度は高いオナホールなので是非とも試していただきたい。

9位:テンガ・デュアルフィールカップ(TENGA)

メーカーTENGA
製品名テンガ・デュアルフィールカップ
価格950円前後
取扱店(広告)
※リンクをクリックするとショップに飛びます
FANZAで見てみる
NLSで見てみる
大人のおもちゃ通販大魔王で見てみる
M-ZAKKAで見てみる
信長トイズで見てみる
ホットパワーズで見てみる
Amazonで見てみる
レビュー詳細を見てみる
タイプ簡易式(カップ型)
柔らかさスタンダード
コスパ  2.0
おすすめレベル  4.5

【コメント】

「テンガ・デュアルフィールカップ」はTENGA製のカップ型オナホールだ。挿入口が上下にひとつずつあり、それぞれ入れ心地が異なるというもの。片方は優しく絡みつく小さめの横ヒダで構成された「スイートサイド」、もう片方は少しきつめの挿入感で少し大きめの突起で構成されている「ビターサイド」という構成だ。内部で別々に独立しているので、仮に片方で発射してももう片方で男性液に触れることは無い。ということは1度の購入で2回楽しめる使い捨てオナホールとなっているのだ。少しお得な気分になる。

使い方は人それぞれなので、1回で2箇所使ったりするのも良い。管理人は貧乏性なので迷いなく2回使用したというだけである。カップ型のオナホールの気持ち良さ、満足度で言えばかなり上位に来るのでこちらも是非試していただきたいオナホールのひとつとなっている。

10位:ギャルとたっぷり一夜漬け 保健体育のテスト勉強(COOLP)

メーカーCOOLP
製品名ギャルとたっぷり一夜漬け 保健体育のテスト勉強
価格3,500円前後
取扱店(広告)
※リンクをクリックするとショップに飛びます
FANZAで見てみる
NLSで見てみる
大人のおもちゃ通販大魔王で見てみる
M-ZAKKAで見てみる
信長トイズで見てみる
ホットパワーズで見てみる
Amazonで見てみる
レビュー詳細を見てみる
タイプ非貫通式
柔らかさソフト
コスパ  3.5
おすすめレベル  4.5

【コメント】
「ギャルとたっぷり一夜漬け 保健体育のテスト勉強」はCOOLP製のオナホールだ。素材はとても柔らかいタイプでまさにソフトタイプのオナホールではあるが、ストローク次第では早くイクことも可能な内部構造。最近流行りのとても柔らかいのにエッジが利いている感触となっていて、内部構造であるレゴっぽいイボである「触手ブロック」が目を引く。イボの動き方は不規則であり、とにかく各所に当たりながらうねってくれるのだ。

全体的に見るとイボは整列しており、明確なアクセントポイントは無いがオナホール全体で快感度を押し上げるような形で我々を絶頂へと導いてくれるオナホールである。

ランキング選定基準

当記事でのランキングは基本的にはどれだけ注目度があるかということ。それはページビューから判断している。当サイトに訪れ、興味のあるページを読んでいただいた数が多ければ多いほど気になっているということがわかる。

それに加えて管理人自身オナホーラーとなってまだ半年にも満たないが、それなりの数のオナホールを試し、レビューしてきた。その中で特におすすめしたいなというオナホールもいくつかあるので、注目度の高さに加えて個人的に満足感の大きいもの、もしくはコスパが良いものを選定している。

このランキングを参考にして今後のオナホール選びに少しでも役に立てれば幸いである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です